最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    学生時代のお金事情

    【常に金欠だった学生時代】

    もともと家はあまり裕福ではなかったので、親の援助がゼロではないにしてもあまり期待できず大学入学が決まった時から奨学金をとりバイトをする予定で大学に入りました。

    アルバイトは月に4日しか休みが内容なところで、平日は5時から10時まで働き、休みの日は8時間労働をしていました。

    それでも、学費の足しくらいしか稼ぐことができず大学の高い教科書を購入するのにお金がなくて、授業開始日からは準備することができずさらに翌月になってやっと購入するといった具合でした。

    また、車での通学でしたので、自動車教習所へ通うにしてもお金を必死に貯めて教習所へ通った覚えがあります。

    車を購入する際も、20万ほどのボロボロに近い中古車をローンで購入しました。

    当時、周りの学生仲間は奨学金を利用することもなく学費を払い、親からのお金で入学時すぐに教習所に通い、親のお金で新車に近い80万くらいの車を買ってもらってい、週に2回くらいの簡単なバイトをやって友達どおしで遊びに出かけたり、ショッピングしたりしているのを目にして声にはしませんでしたがとても複雑な気持ちで、悔しかったのを覚えています。
    また、当時彼氏もいたのですがバイトが忙しくてあまり会えず、会ってもデートにもお金がかかるので、お互いの家でジュースを買ってマンガやゲームをしたことが多かったと思います。

    親に頼ることはできないという思いで一生懸命だった記憶があります。

    また、学生時代には、成人式があり着物のレンタルや着付け、写真代などもお金がなくてぎりぎりまで決めることができず苦労しました。

    さらに、大学の卒業式でもはかまを付けることになり成人式同様ぎりぎりできした。

    仲の良い友達が卒業旅行の話をしているときはさすがにお金を準備することができず、香港旅行を断念しました。その際も、少しさみしかった記憶があります。

    常に金欠で社会の格差見ないなものを思い知った大学時代だったのですが、やはりそのおかげで金銭感覚は養われ、必要なものとそうでないものお金をかけるところとかけなくてもよいものの判断を付けることがその時に培われたと感じています。

    卒業後も、奨学金の返還にしばらく苦労しました。お金がないことで好きなことを全部やれたわけではありませんでしたが、金欠ゆえに得たものを多かったので今は良かったと思っています。
    【学生がキャッシングを利用する場合】

    現金が足りないときに慌てないように備えておきたいたくさんの方に人気のキャッシングカードなんですが、しばらくの間資金を貸してもらうのなら金利が低く設定されているものよりも、利息不要の無利息の方にするでしょう。

    人気の高いカードローンは、借りたお金の利用目的を自由にすることで、すごく便利で使いやすくしました。これ以外のローンと比較すると、高金利なのですが、それでもキャッシングよりは、多少安い金利にしているものが多く見られます。

    今人気抜群のキャッシングに融資の審査を依頼するよりは前にどうにかパートとかアルバイトぐらいの職業には就かなければいけません。できるだけ、お勤めの年数は長期のほうが、審査の際にあなたを有利にするのです。

    注目のとっても便利な即日キャッシングの内容は、理解済みの方は大変多いのですが、手続希望のときにどんな方法でキャッシングが実行されているのか、ちゃんとばっちりわかっているなんて人は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。

    いわゆるポイント制があるカードローンの取扱いでは、ご利用状況に応じてポイントを付与し、利用したカードローンによって発生する手数料の支払いに、ポイントを集めてもらった分を使ってください!なんて宣伝しているところまで多くなってきました。
    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、そしてモビットなど、あちこちのCMなどでしょっちゅう見聞きしている、超大手の場合でもやはり便利な即日キャッシングの対応が可能で、申込んだ日に現金を手にすることができちゃいます。

    カードローンの可否を決める審査の過程で、在籍確認という名前の確認が実施されています。全ての申込者に行うこの確認は申込んだ方が、事前に提出されている申込書に書き込んだ勤務先とされている所で、そのとおりに働いているかどうかを審査手順通り調査するというものです。

    原則収入が安定した職業についている場合だと、申し込めば即日融資が簡単に受けられるのですが、自営業の場合やパートとかアルバイトの方などのケースだと、審査するのにかなりの時間が必要となり、同じように即日融資を受けることができないケースも珍しくありません。

    キャッシングを利用したい!そんなときの申込方法のうち、ほとんどの場合に利用されているのが、いつでもどこでも手続可能なWeb契約という方法で対応業者も急増中です。

    ここでの審査によってキャッシングが承認されると、いわゆる「本契約」の締結で、ATMがあれば時間も場所も選ばずに借り入れ可能になるので急ぐ時にもおススメです。

    いわゆる金融関連のウェブページで公開されているデータなどを、上手に活用することで、頼もしい即日融資でお願いできる消費者金融業者を、インターネット経由で検索してみて、探し出していただくことだって、OKです。

    学生が利用できるローンについては≪学生ローン≫のサイトをご確認ください。
    近頃はありがたいことに、かなり多くのキャッシング会社が目玉商品として、利息は一切不要の無利息期間サービスを提供中です。

    ということは融資されてからの借入期間次第で、わずかとはいえ金利というものを全く支払わなくても大丈夫と言うことです。

    ネットで評判のノーローンのように「何度借りても1週間は無利息でOK!」という驚きの融資条件での利用が可能な場合もあります。是非機会があれば、大変お得な無利息キャッシングを試してみませんか。

    融資利率を高くしている場合もありますから、こういった点は、入念にそれぞれのキャッシング会社の特色を事前に調べて、自分の状況に合った会社で即日融資可能なキャッシングをご利用いただくというのが最善の方法ではないでしょうか。

    インターネットを利用できるなら、対応している消費者金融で迅速な即日融資を受けることができる、いくらかの可能性があります。

    どうしてもこういう言い方になるのは、融資を受けるためには審査があって、その審査にパスしたら、即日融資を受けさせてもらえるという意味を伝えたいのです。

    キャッシング、カードローン二つの相違点については、そんなに熱心に知っておかなきゃだめだなんてことは全くありません。

    けれども実際にお金を貸してもらう手続きに当たっては、融資してもらったお金をどうやって返済していくのかに関しては、間違いがないか徹底的に見直してから、融資の申し込みをするべきです。

    消費者金融からの借り入れと返済について

    私は20歳~22歳の間に複数の会社から借金をしました。知人や友人、親戚からの借金はありません。
    内訳は、
    A社:50万
    R社:50万
    H銀行:30万
    Fキャッシング:10万
    Dクレジット:50万
    という形です。

    そもそも何故借り入れをしてのかと言うと、当時勤めていた会社(転職しました)の経営が非常に不安定になった事があり、当時は私含めて他社員も、その会社をなんとか軌道に載せようとしていたのですが、いかんせん資金不足、部下に給料が払えないという状態でした。
    20代前半でしたので、早めの経営参画でしたが、営業会社でしたので、実績を出した人が責任者でした。

    というのが私が借り入れをした経緯です。

    もちろんそういう状態ですので、自分の売上が無いと借金の返済等は出来ず、23歳位からは返済が滞りましたね。。。

    当時は色々調べ倒して、借金を返さないとどうなるのか、逆にどこまで引っ張れるか。。。色々大変でした。

    今はと言うと、
    A社:40万
    R社:残10万
    H銀行:完済
    Fキャッシング:完済
    dクレジット:残3万
    といった状況です。

    事故情報に載っているので、新たな借入は出来ません。

    33歳になると、新たに相談が出来るようになるので、それから細々クレジット利用で実績を作り、40歳前には住宅ローンを組みたいと考えています。

    私が経験を通じて感じる事は、当たり前ですが、借金はしなければ良いという事です。
    ただ、どうしても必要な時もあると思います。
    (車のローンも借金ですし)

    そんな時に考えて欲しいのが、借金をすると言うことは未来の自分からお金を借りている。という認識です。

    どういう事かと言うと、現在の自分の生活の為に20万円借金をすると、金利を抜いて、月1万円ずつ返済すると20ヶ月間1万円必要になります。

    ハイ、未来の自分が苦労をする訳ですね。1万円であれば返していけそうですが、1万円って大きいですよね。1万円で出来る事ってたくさんあります。

    要は、未来の自分に苦労をさせてまで今のお金が必要なのか?という事です。

    それでも、必要だ、と覚悟できる方は、金融屋さんもニーズがあるので商売として続いていますので、
    恥ずかしがらずに全然借りて良いと思いますよ!

    無利息ローンとかも調べてみるとあるので、借入日と返済ができる日を計算して借入をすると利息なしで返済が可能なこともあります。分割で返済をする場合は利息は掛かるので、少額を借りるときなんかは無利息期間で借りるのもいいですね。

    ちなみにこういったところがあります⇒無金利ローン

    例えば同一の月等に、複数の金融機関やカードローン会社、キャッシング会社に、新規でキャッシングの申込書が提出されたような状況は、必要な資金の調達あちこちで借金の申込をしているかのような、不安を与えてしまうので、肝心の審査の際に不利な影響があると思われます。
    いつの間にかキャッシングローンなる、なおさら理解しにくくなる呼び名も普通になってきていますから、すでにキャッシングとカードローンの二つには、一般的には異なるものだという気持ちが、おおよそ消失しているのではないでしょうか。
    利用者急増中のカードローンを、常に使用して借金を続けていると、ローンじゃなくて普通の口座を利用しているだけのような認識になる方もかなりいるのです。こうなってしまうと、わずかな期間でカードローンの利用が可能な限度の金額までなってしまうまで借金が膨らんでしまいます。
    実はキャッシング会社が一緒であっても、ネット経由でキャッシングしたときに限って、ありがたい無利息キャッシングで融資可能としている業者も存在するので、融資を申し込む際には、特典が適用される申込の方法がどれなのかについても忘れずに注意しておかなければなりません。
    新しくカードローンを申し込みたいのであれば、審査を受けなければいけません。審査の結果パスしないと、融資を申し込んだカードローン会社の頼もしい即日融資を受けるということについてはできないのです。

    新規のキャッシング審査では、1年間の収入がいくらかとか、勤務年数の長さなどは絶対に注目されています。今日までにキャッシングの返済が遅れてしまった等、これまでの実績については全て、申込んだキャッシング会社に筒抜けになっていることが普通なので古いことでも気を付けてください。
    インターネット経由のWeb契約は、入力するのも手間いらずですごく便利なものだと思いますが、簡単便利でもキャッシングについての申込は、間違いなくお金が絡んでくるので、書き漏れや書き間違いがあれば、通過できるはずの審査に通過することができない…こんなことになってしまう確率も、ゼロだとは言い切れないのです。
    あらかじめ決められた日数は、利息が免除されて1円も支払わなくていいという無利息キャッシングなら、資金を準備してくれたローン取り扱いの金融機関に返済しなくてはならないお金が、低く抑えられ、ぜひ利用していただきたいのです。また、無利息だからと言って審査の内容が、きつくなっているということも全くありません。
    新しくキャッシングを申込もうと考えている場合、まとまったお金が、できるのなら今すぐにでも融資してほしいという場合が、大半を占めていることでしょう。今日ではびっくりすることに審査時間たったの1秒で融資してくれるという即日キャッシングだってあるので大丈夫ですよね。
    原則勤務している社会人のケースなら、事前審査で落とされることは決してありません。パートやアルバイトでも滞りなく即日融資を実行してくれる場合がほとんどだと言えるでしょう。

    即日キャッシングとは、本当に手続した日のうちに、希望した額面を手にしていただけますが、審査が行われて結果がOKだったということと一緒に、入金が行われると思ったらそうじゃないところが一般的です。
    消費者金融系のプロミス、モビットといったいろんな広告やCMで日常的に見たり聞いたりしている、大手の会社も注目の即日キャッシングで融資可能で、申込んでいただいた当日に融資してもらうことができるというわけです。
    ポイント制によるサービスがあるカードローンにおいては、融資を受けた実績に応じて発行されたポイントを集めることができるようになっていて融資を受けたら必要になるカードローンの必要な支払手数料に、集めてもらったポイントを利用していただくことが可能なところまで少なくないようです。
    カードローンを利用することの魅力は、365日時間を選ばずに、返済できる点だと言えます。年中無休でどこにでもあるコンビニのATMを利用していだたくことで全国どこからでも随時返済していただくことが可能なんです。そのうえオンラインを利用して返済することまで大丈夫なんです。
    キャッシング会社の多くが、スコアリングという点数方式の分かりやすい客観的な評価の手法を使って、キャッシングが適当かどうかの確実な審査をしているのです。ただし同じ実績評価を採用していても融資してよいというレベルは、会社の設定によってかなり異なります。

    借金をしないっていうことが一番いいんですけどね・・・

    私のように無計画にお金を借りてしまうと私のような状態になり兼ねないので自分で借入返済計画を立てて、どこで借りるのがいいのかもしっかりと調べた上で借りるようにしてください。経験者語るです・・・

     

     

     

    センクリアホワイト・妊娠線防止クリーム

    気になる妊娠線の予防には、妊娠線予防だけでなく、ボディもケアする<センクリアホワイト>がおススメです。

    センクリアホワイトは、ごま、ホホバオイル、ビタミンE、ミツロウと、自然の素材だけで作られていて、妊婦さんにとって必要な成分を配合して作られた、妊婦さんのためのクリームです。

    妊婦さんはホルモンの関係で肌も敏感になっていますし、においにも敏感になっています。そんな妊婦さんの体に配慮した妊娠線予防のセンクリアホワイトですから、無香料で純国産の材料ばかりで作られています。もちろん防腐剤ほかの添加物も入っていませんので、安心してご利用ください。

    ちなみに、お腹の上の部分はしっかり塗ったので妊娠線が出来なかったのに、お腹が大きくて塗りにくかったこともあり、お腹の下の部分に妊娠線が出来てしまった妊婦さんもいますので、塗らないところがないようにしっかり塗ることをおススメします。

    また、冬は空気も乾燥して肌もよけいに乾燥しますから、注意をしてください。

    気になるセンクリアホワイトのお値段は、1箱2,800円で、3箱セットなら1箱あたり5%OFFの2,660円で、通常価格8,400」円のところ7,980円でお求めいただけます。さらに5箱まとめてお求めいただくと10%OFFの1箱2,520円、通常価格14,00円のところ12,600円となっています。

    さらに7箱おまとめいただくと15%OFFの1箱2,380円、通常価格19,600円のところを16,660円でお求めいただけますので、お得なおまとめをおススメいたします。

    センクリアホワイトは伸びが良いの、1箱でおよそ1ヶ月使えます。

    1度できた妊娠線は薄くはなりますがなかなかきえませんから、妊娠後早めからのケアが大切です。

    ホルモンのバランスが崩れる妊娠中はお肌も変化して敏感になっています。敏感になっている妊婦さんのお肌に優しく作用して、妊娠線を防ぐと同時に美肌も作るのがセンクリアホワイトです。

    センクリアホワイトは、食品に使われている成分で作られている安心安全の妊娠線専用の予防クリームです。

    また、妊婦さんが産後抱える悩みに「腰痛」がありますが、この腰の痛みは出産で赤ちゃんが産道を通る時に、骨盤が大きくひろがるために歪むことから起こります。この腰の痛みにも、センクリアホワイトを塗ることで痛みがやわらげることができます。

    このように、妊娠線の予防にも産後の体のケアにも効果の高いクリームが、センシン株式会社オンラインショップがお届けする<センクリアホワイト>です。
    妊娠線防止クリームというのは人によって会う合わないもあると思います。ですので、センクリアホワイトは本当におすすめですが他も試してみるといいかと思います。参考サイトを紹介しておきますね。

    ~~~~~~~~~~~~~~~
    http://xn--pck4e3a2es54yzzav79fx44as18b.com/

    妊娠せ女房クリームを厳選して、実際に取り寄せてみて比較してくれているサイトですので参考になるかと思います。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    姉弟同時に出費があると辛い

    年少と年長の幼稚園児がいます。ふたりとも私立の幼稚園似通っています。長期休み(夏休みや冬休み)は幼稚園が休みの場合でも
    毎月きっちり学費・バス交通費・給食費が引かれます。通っていないのに給食費までです。お休みの期間は預かり保育という制度があるので
    幼稚園に預かってもらうこともできますが、月々の支払+預かり費用と預かり当日の給食費がかかってくるので単純計算でその月は
    通常の2倍払わなくてはいけないということになります。お給料の横流し状態で、とても出費がかさみ、つらいです。
    私立幼稚園には補助が出ますので、その分を貯金していてそういったときのために充てていたりもしますが、全然追い付きません。
    また、お祝い事が重なるとかなり家計が苦しいです。結婚式はおめでたいのでぜひとも夫婦で出席したいところですが
    夫婦で出席すると5万円。さらに2次会まで出席すると+1.5万円ぐらいでしょうか。おめでたい席だけにケチケチしたことは言いたく
    ないのですが、これが年に3回もあるとかなりキツイので、夫婦どちらかだけ出席したりするようにしています。
    お祝いごとつながりでは、周りの出産ラッシュでのお祝いの出て行くお金も大きいです。
    最近はネットですぐに金額が調べられてしまいますので、あんまり安いものも選べないですし。
    年齢的に今は毎月のように友人知人が出産していますので、金額は小さいですがかなりの人数に出産祝いを贈っているので
    大きな出費となっています。
    独身時代は自分のものにはかなり気を使って服、化粧品は百貨店でしか買わない、毎月美容院に行くようなスタイルでしたが
    今は服はファッションビル、基礎化粧品はドラッグストア。ポイントメイクはインターネット通販、美容院は3ヶ月に1回など
    自分のことにはお金をかけない生活スタイルとなってしまいました。
    それでも子どもに習い事をさせてあげたり、ちょっと美味しい物を食べさせてあげたいと思う気持ちの方が強いので
    我慢というよりは、いまは仕方ないかな、と思えるようにはなりましたがやっぱりちょっとつらい…。